『“感温性” フィラメント』サンプル販売を開始 | 3DFS id.arts

2017/12/15 16:35

低温で変形する3Dプリンタ用新材料『“感温性” フィラメント』サンプル販売開始


3DFSでは、繊維事業大手ユニチカが開発した、3Dプリンタで製作した造形物を低温域で温めて自由な形状に変更できる新しい材料『3Dプリンター用 “感温性” フィラメント』のサンプル販売を開始しました。



3Dプリンター用 “感温性” フィラメント』は、高分子フィルム、樹脂材料などを開発するユニチカが開発した特殊な3Dプリンタ用フィラメントで、3Dプリント出力された造形物をセ氏30℃程度に加熱すると、造形後でも簡単に形を変えることができるポリエステルベースの特殊フィラメントです。

3Dプリンター用 “感温性” フィラメント 仕様
メーカー:ユニチカ株式会社
商品名:特殊ポリエステル樹脂
材料径:1.75mm
ノズル温度:190~220℃
ヒートベッド温度:0~45℃
融点:160℃
変形温度:30℃~
発売時期:2017年内
“感温性” フィラメントのサンプル購入はこちら


同商品を使用した事例など、こちらからご紹介しております。