日本人医師が「3Dプリント人工呼吸器」製作の協力者募集 | 3DFS id.arts

2020/03/31 15:01



国立病院機構新潟病院 臨床研究医療機器イノベーション研究室室長の石北直之氏は、3Dプリント技術を用いた人工呼吸器を供給するためのプロジェクト「COVIDVENTILATOR」プロジェクトを発足。
石北氏は、Mars Academy USAの共同研究者であるフランス人医師より、感染症拡大によって人工呼吸器が足りない窮状を知らされ、3Dプリント人工呼吸器(嗅ぎ注射器/電子メール人工呼吸器)が使えないかと相談を受けたことをきっかけに、自身のFacebookに3Dプリンタで製造した人工呼吸器のアイディアを投稿。自身が権利を有する3Dプリントデバイスのデータを無償提供することを発表し協力者を募った。

この投稿の詳細はこちら
https://idarts.co.jp/3dp/covidventilator/